東北の高校生の富士登山 
登ろう!日本一の富士山へ 

2018年度募集(募集は締め切りました)

実施概要

名称

東北の高校生の富士登山2018 ~ 登ろう!日本一の富士山へ ~

期日

2018年7月24日(火)~26日(木)【2泊3日】

集合

7月24日 (火) 原ノ町駅(南相馬市)[AM5:30]、郡山駅[AM7:30]、いわき駅[AM8:00]に集合

場所

【富士登山】富士宮ルート(※雨天・強風等・天候に応じて計画の変更あり)
※安全に登るため、登山経験豊かなリーダーが同行します
※マスコミ取材、学術調査等を実施することがあります
【宿泊】六合目 雲海荘、宝永山荘(2連泊)

参加費

3,000円(富士山保全協力金を含む) ※集合場所までの交通費は各自負担となります

募集数

被災した東北の高校生 80名
 ※申込締切は6/5ですが、先着順や参加申込書の記載内容も考慮して参加者を決めます(結果は6月中旬までに応募者全員に郵送します)
 ※希望者には無料で登山靴、リュック、雨具上下等のレンタルあり
 ※1日7〜8時間歩ける体力が必要です。自信のない方、これからトレーニングする方も歓迎します
 ※過去に本プロジェクトに参加された方は、応募できません。

説明会

6/23(土) 郡山で参加予定者に対して事前説明会を行います
※郡山市総合福祉センターにて14〜17時

行程

7月24日(火)
  原ノ町駅、郡山駅、いわき駅で早朝に集合。貸切りバスにて移動。
    原ノ町駅→郡山駅→富士宮五合目
    いわき駅→富士宮五合目
    富士宮五合目→(徒歩30分)→六合目 雲海荘、宝永山荘(宿泊)
7月25日(水)
  富士登山 (登り6時間、下り4時間)六合目山小屋(連泊)
  荒天により登山ができなかった場合は、山小屋に滞在
7月26日(木)
  2日目に登山した場合= 富士宮五合目(バス)富士山本宮浅間大社、温泉に立ち寄り後、各出発地へ
  前日登山ができなかった場合=この日に登山し、下山後、各出発地へ(原ノ町着は夜遅くなる予定です)

主催

一般社団法人田部井淳子基金

後援

文部科学省、福島県教育委員会、朝日新聞社、福島民友新聞社、福島民報社、公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会、株式会社山と溪谷社・日本山岳遺産基金、NPO法人日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト、あしなが育英会

協賛

株式会社ICI石井スポーツ、アルソア本社株式会社、株式会社AOB慧央グループ、株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン、住友生命保険相互会社、株式会社東邦銀行、なすび、株式会社フィールド&マウンテン、堀宏、福島民友新聞社主催『田部井淳子回顧展』(募金)、イワタニ・プリムス株式会社、山井太、株式会社スノーピーク ほか →もっと詳しく
※独立行政法人国立青少年教育機構「子どもゆめ基金」の助成を受けています。
※公益財団法人東日本大震災復興支援財団の助成を受けています。

運行取扱

アルパインツアーサービス株式会社
観光庁長官登録旅行業490号/日本旅行業協会正会員
〒105-0003
東京都港区西新橋2-8-11第7東洋海事ビル4F
TEL:03-3503-0223

問い合わせ

「東北の高校生の富士登山」事務局 (一般社団法人田部井淳子基金内)
〒102-0075 東京都千代田区三番町 7-10-104
TEL:03-3264-6426

応募要項(2018年度の募集は締め切りました)

下記ボタンより募集チラシPDFをダウンロードいただき、チラシ裏面の参加申込書に必要事項を記入のうえ、ファクスまたは郵便で下記まで申込みください。


【FAXで送付する方】

FAX 03-3264-2116 「東北の高校生の富士登山」係宛
(お問い合わせ / TEL 03-3264-6426)

【郵送する方】

〒102-0075 東京都千代田区三番町7-10-104
「東北の高校生の富士登山」事務局(一般社団法人田部井淳子基金内)
▲ ページトップへ