お知らせ

代表より 参加してくれた高校生のみんなへ

東北の高校生の富士登山2019に参加してくれた高校生のみんなへ

参加してくれてありがとう。
ものすごく楽しい3日間だった。
みんなの表情、行きのバスと帰りのバスでは全く違う表情になってたよ。
どこか自信に満ち溢れているようにみえた。これから山を見たとき、この富士山のことを思いだしてくれたら嬉しい。
みんなを支えてくれた、班のサポーターを思いだしてくれたら嬉しい。

これから君たちの未来において、たくさんの試練があると思う。
でも、必ず乗り越えることができる。

どんなに短くてもいいから「一歩」前に進もう。
人生は富士山と同じ。
どんなに辛くても、一歩前に進めば必ず頂上にたどり着く。
それを君たちは実感した。

これから頑張れよ!!!
どこかで会ったら、声かけろよ。
またな!!

2019年7月26日
田部井進也

続きを読む →

代表より 東北の高校生の富士登山2019を応援して下さったすべての大人の皆様へ

東北の高校生の富士登山2019を応援してくださった皆様へ

「東北の高校生の富士登山2019」無事に全行程が終了しました。おかげさまで104名全員が登頂できました。
ご支援、ご声援を頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

福島の用事も済ませ、本日実家に来ました。
母にも今年の富士登山が無事に全行程終了したことを報告しました。

自慢させてください。
毎年、東北の高校生の富士登山は最高に感動できることがたくさんあるんです。

ある男の子と話をしたときのことです。

「なんで参加したの?」と、聞いたところ
「学校の先生から聞いて。でも、学校が夏休みじゃないんで悩みましたけど、来てよかったです!!」

と、

「え?!マジ??、学校平気なの?」
「親と先生が、学校じゃ学べないことを学べるから行ってこいって言ってくれて、マジで来てよかったです。友達もたくさんできました。」
って言ってくれたました。

参加した高校生104名それぞれの物語があります。

帰りみんなが「楽しかったです」「最高でした」って言ってくれました。
細かいことは多々ありましたが、全員が登頂できて笑顔に帰ってこれたこと、本当に嬉しく思います。

彼らは本当に格好良かったです。
ボロボロになりながら、一歩一歩と前を向いて歩き続けました。
頂上についたみんなは、キラキラ輝いてました。

下山の6合目が近づくにつれて、「もう終わってしまうのか」という淋しさと同時に安堵感が込み上げました。
具合の悪い高校生と最後尾を共に歩き、後ろから全体の隊列を見ていたとき「僕はたくさんの人に支えられているんだ」と思いました。

何度も言います。
皆さま、ありがとうございます。

東北の未来は彼らが強く支えてくれるはずです。断言できます。
彼らは素晴らしい人材になります。
ガッツあり、思いやりがあり、協働することができます。

とても素晴らしい人材です。
彼らを見守っていただければと思います。

東北の高校生の富士登山を支援して頂いてる皆さま、
サポートとして協力してくれる皆さま、
本当にいつもありがとうございます。
来年以降もよろしくお願いします。
今年もありがとうございました。

来年に向けて、歩き始めます。
「東北の高校生の富士登山2020」
よろしくお願いいたします。

2019年7月26日

一般社団法人田部井淳子基金
代表理事 田部井進也

 

続きを読む →

104人の東北の高校生、全員登頂を果たしました

2019年7月24日(水)、東北の高校生の富士登山に参加した104人の東北の高校生たち全員が無事富士山の頂上に立ちました。

それまでの梅雨らしい天気がうそのように晴れ上がり、お天気にもめぐまれ、経験豊富な登山リーダー、ガイド、サポーター、医療班の心強い助けを得て全員登り切ることができました。応援してくださった皆様、本当にありがとうございます。そして、参加した高校生の皆さん、本当にお疲れ様でした!

ウェブ掲載記事

■朝日新聞デジタル↓ 

https://digital.asahi.com/articles/ASM7Q5TWNM7QUTI…

■福島民友新聞(7月24日分)➡
■福島民報(7月25日分)➡

 

高校生が下山後に詠んでくれた俳句、短歌、川柳の一部、写真もご覧ください。

「富士登山 力を合わせて 無事登頂」

「頑張った 見知らぬあなたと もう仲間」

「あの日見た 仲間と景色 忘れない」

「雲の上 歩いてみたい 夢心地」

「コツコツと 小さな歩み 夢となる」

「弱音無し 足を出さなきゃ 進まない」

「頂上の 景色は一生の 宝もの」

「富士登山 みんなと一緒に 頑張った」

「物事は やってみないと 分からない」

「暗い中 励まし合った 富士登山」

「疲れたな ああ 疲れたな 楽しいな」

「初登頂 した瞬間は 涙うる」

「無事登頂 余韻に浸り 夢心地」

「足いたい でも景色は それ以上」

「富士登山 棒を買ったら ない予算」

「へばらない 活力源に 羊かんを」

「風吹きて 声援かよふ 鳥居前」

「登山より 下山のほうが キツカッタ」

「足が棒 こうゆうことか ああそうか」

「富士登山 令和の思い出 できたどー」

富士山登山中

雲がとってもきれいでした

応援登山隊の大人たちの声援を受けて(富士山頂上付近)

富士山富士宮頂上にて(剣ケ峰をバックに)

全員の記念写真(下山の翌朝六合目にて)

 

続きを読む →

『GARDEN Journalism』に記事掲載

元NHKアナウンサーのジャーナリスト堀潤さんが取り組んでいらっしゃるサイト『GARDEN Journalism』に東北の高校生の富士登山の取り組みを紹介していただきました。このサイトは、一人一人のできる事で参加し、小さな種を守り育てるジャーナリズムを提案できたらということで運営されているそうです。この富士登山にかかわる人たちの思いが、わかりやすく、ぎゅっと詰まっています。堀潤さんが、本プロジェクトの代表田部井進也にインタビューをしてくださいました。そして、東北の高校生の富士登山のOB,OGからも話を聞いてくださっています。とってもよい記事になっていますので、どうぞご一読ください!!

↓『GARDEN Journalism』

https://gardenjournalism.com/project/junko-tabei/

 

続きを読む →

行動食等の袋詰め

2019年7月17日(水)、東北の高校生の富士登山の関係者の大人が30人近くが集まり当日に向けての最終ミーティングを行ないました。

ミーティングのあとは、行動食(登山中の昼食兼おやつ)等の袋詰め作業を行ないました。これが終ると、あとはいよいよ当日を待つばかり。

今年は岩手県、宮城県、福島県の3県の40校近い高校から、高校生105人が参加予定です。これに同行サポートする大人は44人、合わせて149人で富士山の山頂を目指します!

↓2019年7月17日(水)関係者ミーティングと行動食等の袋詰め作業の様子

続きを読む →

朝日新聞夕刊

朝日新聞夕刊(2019年7月10日(水)付)紙面にて取り組みを紹介していただきました。

今夏の富士登山まであと少し。事務局でも鋭意準備を進めています。

応援の輪をさらに広げてゆきたいと思います。大人の皆さま、引き続きお力添えをお願い致します!

続きを読む →

富士山世界遺産国民会議のHPに記事掲載

認定NPO法人富士山世界遺産国民会議のホームページに、元『山と溪谷』誌編集長で山岳科学研究者の久保田賢次さんのインタビュー記事が掲載されています。東北の高校生の富士登山のことも紹介してもらっています。どうぞご覧ください。→https://www.mtfuji.or.jp/thought/interview/vol69

続きを読む →

郡山事前説明会を開催

2019年6月22日(土)、福島県郡山市にて、富士登山に参加予定の東北の高校生たちに事前説明会を行ないました。
今夏富士登山に参加予定の高校生は108人(2019年6月24日現在)。福島県、宮城県、岩手県の高校生が参加しますが、
郡山の事前説明会にはこのうちの92人の高校生とそのご家族51人、合計143人が参加し、会場は超満員となりました。

続きを読む →

高校生の申し込みを締め切りました

東北の高校生の富士登山2019、今年の高校生の参加受付を締め切りました。
今日まで大変多くの東北の高校生から応募いただきました。
全員を連れて行くことはできないのですが、本プロジェクトの代表・田部井進也からは、
「応募してきたすべての高校生に対して敬意を表したい。新しいことに挑戦しようと勇気を出して、参加申込書を事務局に送ってきた。本当に素晴らしい。」
とのことでした。田部井進也代表の2019年6月1日付facebook上のメッセージはこちら↓

「東北の高校生の富士登山2019」締切まであと数日ですが、現段階で200名弱の高校生から応募がありました。まだ、増えると思います。応募した全ての高校生を連れていくことはできません。これから審査をして、今年連れていく学生を決めます。…

田部井 進也さんの投稿 2019年6月1日土曜日

続きを読む →

渋谷のラジオ生放送出演

『渋谷のラジオ×A-port』に本プロジェクト代表 田部井進也が生放送出演します。
日時 2019年6月6日(木)AM10時~
東北の高校生の富士登山プロジェクトの今までのこと、そしてこれからのこと、いろいろお話しさせていただきます。
あとから音声もUPされますので、よかったらどうぞお聞きになってください。
詳細は→
https://a-port.asahi.com/column/detail/230/

続きを読む →

代表理事のインタビュー@YAMAP

大人のための応援登山のご案内

今、東北の高校生の富士登山事務局には毎日のように高校生からの参加申し込みのファクスが届いています。
今年もおかげさまで多くの東北の高校生が富士山頂上をめざすことになりそうです。
そこで大人の皆さん、東北の高校生を応援するために富士登山をしてみませんか?高校生を頂上で出迎える応援ツアーです。

20~50代女性のための山の会MJリンクとアルパインツアーサービスが下記の通り企画しています。
なお、東北の高校生の富士登山2019に参加する生徒の保護者の皆さんはご遠慮ください(笑)

★20~50代女性の皆さんはこちら→ www.alpine-tour.com/japan/2019_04/231i.html

★上記以外(男性含む)の大人の皆さんはこちら→ http://www.alpine-tour.com/japan/2019_04/231b.html

応援登山ツアーと言っても高校生を頂上で出迎える以外は、自分たちの富士登山を楽しむ感じですので、これを機会に登ってみようという皆さん、どうぞ参加を検討してみてはいかがでしょうか? 
詳細問合せはアルパインツアーサービス 電話03-3503-0223(オーフジサン) へ。準備の都合で2019年6月21日(金)ごろまでに申し込みをしたほうがよいそうです。

東北の高校生の富士登山事務局より

続きを読む →

東北の高校生の皆さん、2019年度の富士登山参加者募集中です!

東北の高校生の皆さん、

学生時代の思い出として、この夏、日本一高い富士山に登ってみませんか?
 東北の高校生の富士登山 2019 募集開始!

いまだからこそできること、たくさんあると思います。学生生活の中で学校外で活動するのもとても刺激的だと思います。
あきらめず、一歩一歩登っていけば、自分の夢はかなえられます。
それをぜひ、体感してください。皆さんの参加をお待ちしております!

裏面が参加申込書になっている募集チラシのダウンロードは【こちら】です。

続きを読む →

大人の皆さまへ 明日の東北を担う若い世代のために

大人の皆さまへ

東北の高校生の富士登山2019~登ろう!日本一の富士登山へ」プロジェクトが今年も始動しました。
本プロジェクトに今年もぜひご支援をお願い致します!

東日本大震災後、復興応援の一環として、東北の高校生のための富士山登山を続けてまいりました。2019年夏で8回めになります。本プロジェクトには、これまでに、福島県を中心とした東北の高校生のべ575人(2018年8月現在)が参加致しました。
本プロジェクトの呼びかけ人田部井淳子(福島県三春町出身)は、生前「富士登山に参加し、自然体験を積んだ東北の若者たちが1000人にもなれば、それはやがて東北復興の大きな力になるはずだ」と語っておりました。その遺志を引き継ぎ、現在は一般社団法人田部井淳子基金(代表理事・田部井進也)の活動として本プロジェクトを続けています。第7回目となった2018年は、福島県のほか、岩手県、宮城県からの生徒含め、全38校から総勢96人の東北の高校生が参加しました。
2019年は仙台集合を新たに設けました。さまざまな高校から集まった高校生たちが、富士山という一つの目標に向かって助け合い、協力し合いながら頂をめざします。高校生の参加費は、お小遣いでも参加できるよう1人3000円とし、それ以上にかかるものについては、個人や企業等の皆様のご協賛、ご寄付、助成などによって運営しております。東北の高校生の富士登山を共に応援しませんか?

ご寄付をいただける場合は下記へお願いします。

【郵便局から】
郵便振替
口座記号番号:00170-9-418320
加入者名:東北の高校生の富士登山事務局
※郵便局に備え付けの払込取扱票(青い文字の方)に上記をご記入のうえ、送金下さい。

【A-portクラウドファンディング】(期間 2019年4月11日~2019年8月8日の120日間)
詳細は下記参照 ↓
【こちら】です。

続きを読む →

世界を変えた女性100人

BBCヒストリーという下記サイトで、
世界を変えた女性100人に田部井淳子が掲載されていました。
田部井は、3ページ目の57番。
他に日本人女性が入っていないか全部見てみたところ、もう一人いました。それは、紫式部(79番)!

https://www.historyextra.com/100-women/100-women-results/

続きを読む →

代表理事・田部井進也がTORAYA AOYAMAトークイベントに出演します

代表理事の田部井進也がTORAYA AOYAMAのトークイベントに出演します。テーマは「新しい山遊びのすすめ」。
母・田部井淳子とのエピソードや東北の高校生の富士登山の話もします。どうぞお越しください(事前申し込み制)。
日時:2019年3月24日(日)14時~15時45分
場所:TORAYA AOYAMA(東京都港区北青山2-3-1 Itochu Garden地下1F)
詳しくは虎屋さんのHPをご覧ください。↓
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/news/detail/?nid=553

続きを読む →

田部井淳子回顧展開催のお知らせ【2019年2月6日(水)~2月25日(月)】

静岡県御殿場市の東山旧岸邸にて、田部井淳子回顧展(期間:2019年2月6日(水)~2月25日(月))と、田部井進也のトークイベント(2019年2月19日(火))が開催されます。

会場は、1969年に建てられた岸信介元首相の自邸。近代数寄屋建築の美しい建物です。敷地内には和菓子の虎屋の工房があります。
2月19日のトークイベントは、とらや工房特製菓子付きです。「東北の高校生の富士登山」についても写真等で展示していただきます。

詳細は、下記をご覧ください。↓
https://www.kyu-kishitei.jp/2019/01/04/7808

続きを読む →

2018年報告書(抜粋)を掲載しました

2018年の富士登山の様子(スライドショー)

96人の東北の高校生、全員富士山登頂を果たしました!

東北の高校生の富士登山2018にお力添えくださった皆様へ

御礼とご報告

この度、2018年7月24日(火)~26日(木)の2泊3日で「東北の高校生の富士登山2018」を実行し、おかげさまで無事終了いたしましたので、ご報告を申し上げます。
7月25日(水)夜なかの2時半に静岡県・富士宮ルート六合目の山小屋(雲海荘、宝永山荘)を出発し、約6~8時間かけて頂上をめざし、参加した東北の高校生96名全員が富士山の登頂を果たしました。
今回は福島県32校84人、宮城県4校10人、岩手県2校2人の合計38校から高校生合計96人(女子39名、男子57名)が参加し、女子4班、男子5班の全9班に分かれて登山をしました。早い班で頂上まで6時間、遅れた最後の高校生で8時間の登りでした。頂上では応援登山ツアーで参加した大人の皆さん19名が「応援てぬぐい」を掲げて出迎えてくださり、高校生たちも登頂の感激をより一層実感したようです。
同行したサポート及び関係者の大人は42名、高校生、大人あわせて合計138名での行動でした(同行したマスコミ4ツ、計6名を含む)。大変お天気に恵まれた3日間で、雲海の広がる素晴らしい景色の中を歩いてきました。
下記は登山後、高校生が寄せてくれた俳句・短歌の一部です。

「道中の 苦楽を包む 白い雲」
「友達と 絆深まる 富士登山」
「人生を かえるきっかけ 富士登山」
「田部井さん 今年も みんな 登ったよ!!」
「つらいとき 見上げたその先 友の顔」
「富士登山 達成感も 日本一」
「たくさんの 人に応援 支援され 何かを見つけた 富士登山」

~~~
今回の富士登山の模様は、朝日新聞、福島民友新聞、福島民報等の紙面やデジタル記事に掲載されました。
下記は今日現在掲載されているデジタル記事の一部です
~~~

母の1周忌に一般社団法人田部井淳子基金を立ち上げ、初めて主催する「東北の高校生の富士登山」で、不安もありましたが、皆さまのおかげで無事登山を終えることができました。
東日本大震災の翌年から始め、今回が7回目となる「東北の高校生の富士登山」ですが、今回をもって575人の東北の高校生が本プロジェクトに参加したことになり、母の遺志であった「東北の高校生1000人達成」の半分を超えることができました。
陰で日なたで本プロジェクトを支えてくださっているすべての皆様に改めて深く感謝申し上げます。そして、来年以降も1000人をめざして頑張りますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
取り急ぎお礼とご報告まで。
一般社団法人田部井淳子基金
代表理事 田部井進也

応援の大人たちの声援に出迎えられ、富士山頂上へ到着する東北の高校生たち

富士山頂上にて

富士山の頂上にて。東北の高校生(右)、田部井進也(左)

続きを読む →
▲ ページトップへ